ホーム>なぎなたの実技>トレーナーからのひとこと>

 

RICE処置の実際
(足首捻挫の場合)
今回はトレーナーの役割の中でも大変重要な【応急処置】の方法について紹介します。
なぎなたで多い傷害の一つに打撲があります。腕や足の打撲の他かかとを床に打ちつけての打撲までいろいろな場面が考えられます。また、捻挫や突き指、急激な腰の痛みを経験された方もいらっしゃることと思います。これらの傷害に共通する応急処置が【RICEの処置】です。
RICE(ライス)処置とは、安静(Rest)・冷却(Ice)・圧迫(Compression)・挙上(Elevation)の四つの処置のことで、その頭文字を取った名称です。

【安静】 傷害部位を悪化させない為に、ケガをした部位の運動を中止することです。運動を続けると血行が良くなり、内出血が進んでしまいます。また傷害部位が動かないように固定する場合もあります。
【冷却】 ケガをした直後に氷で患部を冷やすことで痛みを軽減させます。これは腫れを最小限に食い止める効果があります。
【圧迫】 患部の腫れを防ぐために伸縮性包帯などで圧迫しながら巻くことです。しかし、圧迫のしすぎは血行障害やしびれの原因となるので要注意です。
【挙上】 患部を心臓より高いところに維持することによって、血液を行きにくくすることです。

冷却はケガの直後から始め、一~二時間おきに無感覚になるまで繰り返します。(十~三十分が目安、部位によって異なります)また、圧迫と挙上はできる限り夜間も続けます。もし、重傷であれば四十八時間~七十二時間行うことが必要です。しかし、適切な処置の後にも注意しなくてはいけないことがあります。

1、アルコールを摂取しない
2、お風呂に入らない。
3、市販の湿布薬を使わない。
4、マッサージなどを行わない。

これらはどれも血行を促進させてしまうのでケガをした直後は好ましくありません。その後、リハビリテーションなどの指示を受けるため、専門医への受診をお勧めします。現場での素早い適切な処置が競技復帰を確実に早めてくれます。
1、受傷した部位の回りにぬれた伸縮性包帯を適当に圧迫しながら巻く。
2、受傷した部位の上に氷のう(氷の入った袋、アイスパックなど)を当てる。
3、伸縮性包帯の残りの部分でしっかりと巻き付ける。
4、足(受傷部位)を心臓よりも高くあげ、安静を保つ。

第二回世界なぎなた選手権大会の日本代表選手団にも、トレーナーが団員として入っています。トレーナーとは何をする人なのか?トレーナーの目を通しての具体的なスポーツ医学のお話をさせていただきます。
今後私たちの課題として、大会や合宿を通して皆さんとコミュニケーションを取っていき、トレーナーの役割を実際の場面でわかっていただくことが大切なことと感じています。

(財)全日本なぎなた連盟トレーナー  佐藤 哲守


スポーツアイシング  大修館書店 山本利春
トレーニング科学ハンドブック 朝倉書店 トレーニング科学 研究会
ウィダースポーツニュートリションバイブル  森永製菓健康事業部  森永健康&フィットネスリサーチセンター
スポーツトレーナーマニュアル  南江堂 武藤芳照 
スポーツ活動中の熱中症予防 大塚製薬株式会社 (財)日本体育協会 
 ボディーケアブック森永製菓健康事業部  森永健康&フィットネスリサーチセンター
役に立つスポーツと健康の知識  青山社      南谷和利
測定と評価  BookHouseHD 山本利春